おたのしみかい

言葉に出したら薄っぺらいけど愛がここにあるんだ

革命

革命の波が完全に到達した感がある。
何と言っても、ハワイよりも先にこっちを書かなくてはいけない気がしている時点でもう*1*2

そもそも、革命の波が私のところまでひたひたと来たのは、1月ももう終わろうかという頃だった。劇場でもらったフライヤー。帰宅しながら、チケットの手配について考え始めていて。これまでも、フライヤーにつられて芝居を見るというのはあったことで。名前は知ってたし、顔も何となく知っていた。ジャニーズメドレーで翔くんの隣にいた子*3。逆に言うとそれくらいしか知らず。革命が起こってるとか、その辺は知らなかった。
JUMPを見ていなかったわけではない。うちにはJUMPなら山田という家族がいて*4、音楽番組はとりあえず録画してあった。ただし、レコーダーを変えた関係でここ2年分。そして『smart』のDVDも家族のために購入。アルバムコンサートを見るなら、アルバム聴かなくちゃね、ということでアルバムも購入。

気になることについては調べるタイプ、かつ、春は割と時間があったので、いろいろ見てみた。
その結果、この子、J.J. Expressの子だったのか、と記憶との照合に成功。いやあ、全然気づいていなかったね。JUMPくんたちといえば、嵐のドームで急に紹介された水色*5のスーツ着た子たちというイメージ。デビュー当時の印象でいうと、知念のほかに薮がいる、くらい。山田とゆかいな仲間たちという印象になったのは、もう少し後。
wikipediaを読んで、Kitty GYMにもいたというのを知る。iを担っていた人の記憶、全くない。GYMの記憶はあるのに……GYMのGとMのことを、この人たち??と思っていた記憶だけが超ある。
それから、洞窟やらメイキングやらをつまみ、マルチアングルを堪能し*6、テンションアップルが見たくてまたDVDを購入。今、もう1枚買うならどれなんだろう?単純に遡ればいいのか?と思案中*7
今まで音楽番組ではずっと知念を目で追ってたので、自宅で録画されているJUMPくんたちを見直す(そこそこあった)。よく考えたら、フィルフェスのパンフとか、ちょっと古いドル誌とか、あるじゃんと思い、見返す(そこそこあった)。うちに保管されていた雑誌で船舶免許のことを言っていた。意外とそんなもんなんだろう。

そんなこんなでFCに入り、らじらーを聴き、VS嵐をリピり*8、書店ガールを見て、新曲リリースを待ちながら少クラをリピりつつ、芝居を待つ今日この頃*9

*1:ハワイのDVDを見たらライブビューイングのテンションを思い出し、また登場から涙。まだ全然降りる感じではないなという気持ちを改めて確認した。

*2:新曲のメイキングが思いのほか長いようで、ちょっとテンション上がってる。

*3:あのときは翔くんの隣の子よりも、剛くんがちゃんと振りをしてない方に気を取られていた。ただ、最近見返したら、本当に隣にいて、普段無駄だと思っていた自分の記憶力をちょっと見直した。

*4:嵐ならニノ。

*5:これ、完全な記憶違い。赤だった。水色っていつのイメージなんだ??

*6:愛追i隊のすばらしさ!本当に時を忘れて見入ってしまった。

*7:有識者の意見がほしいのだが、周りにJUMPのファンがいない。

*8:「嵐を陥れようと…」(not 嵐さん)とか、「役割がない」とか、「伊野尾だよ」とか、キッキングスナイパー(女子じゃねえか)とか、いいところが多かったけど、何よりもハマれば相性がよさそうな櫻井翔にがっつり認識されたのがよかったと思う。大型音楽番組ではトークのとっかかりとして期待できそうな気がする。

*9:芝居を見たらまたテンションが変わりそうなので今のうちに書いておく。

広告を非表示にする